合格するためのテキストと問題集とは?

宅建の勉強は、テキストよりも問題集重視で!

宅建試験対策用のテキストは、一般的な大学受験などの参考書とは少し異なっていることにお気づきでしょうか?
どこが違うのかというと、宅建などの資格試験用のテキストは、これまで出題されてきた試験問題を元ネタに、出題傾向を分析しながら編集されている点です。
分かりやすくするために、大学受験に置き換えて考えてみると、
「各大学別の過去問題集である『赤本』を基にして、高校の教科書が作られている」とでも言えるでしょうか。
資格試験対策のすべては、本試験の問題を基準として作られているのです。
そもそも、宅建の試験問題は(他の資格試験でも同様ですが)、過去10年間に出題された問題を再構成して出題されている場合が多いようです。
これは、毎年お無いような問題を出題することによって試験のレベルの統一を図り、合格率が極端に上下することを避けるためです。

ですから、資格試験の勉強の中心となるのは、問題集(過去問)です。
高校や大学入試のように、あらゆる知識を総合的に身に付けるのが目的なのではなく、あくまでも試験に合格することだけが目的なのですから、ひたすら本試験に出題される問題が解けるように訓練すればよいわけです。
少し極端な話かもしれませんが、過去10年分の過去問を何度も解いて、コンスタントに7~8割を正解できるようになれば、テキストさえ必要なくなってしまうかもしれません。過去問そのものが、良質なテキストとなってくれるからです。

それだけ宅建試験には、問題集の繰り返し学習が必須となってきます。
まずは、これまでの試験勉強への概念を払拭し、過去問中心の学習スタイルに切り替えることから始めてみましょう。
次のページからは、具体的な勉強方法について考えたいと思います。

次のページ >>