宅建試験の合格率はどれくらい?

毎年15%前後の合格率! 甘く見てはいけません!

資格試験に挑もうと考えている受験者にとって、試験の合格率の数字や難易度など、試験の難しさが分かるデータは気になるもの。
受験した人のうち、およそ何割が合格できるのか、という数字を知ることで「自分も合格するぞ!」と気合を入れる人もいるでしょうし、逆に自信が亡くなってしまう人もいるかもしれませんね。
しかし、宅建試験に挑戦する前に、この試験の現実を知り、その現実に見合った対策を立てる必要があるのです。
ますは、宅建試験の合格率の数字を確認してみましょう。

宅建試験の合格率と合格点 (平成12年~21年)

年度

合格率

合格点

平成12年

15.42%

30点

平成13年

15.26%

34点

平成14年

17.34%

36点

平成15年

15.29%

35点

平成16年

15.93%

32点

平成17年

17.33%

33点

平成18年

17.15%

34点

平成19年

17.27%

35点

平成20年

16.21%

33点

平成21年

17.86%

33点

過去10年間の合格率をまとめてみると、15~17%で推移していることが分かります。宅建試験は、法律系国家資格の登竜門と言われていて、行政書士や司法書士など他の法律系国家試験に比べると、一番取得しやすいとされています。
しかし、この数字を見ると、実際に合格できるのは10人のうち1人か2人です。
宅建はあくまでも国家資格ですので、試験は落とすことを前提として作られた、難しい者であることを認識する必要があります。
それでは、次のページでは、合格率と合格点の関係から、試験の対策について考えてみることにしましょう。

次のページ >>