合格できる通信講座を選ぶためには

リーズナブルで良質な通信講座を選ぶポイント教えます!

インターネットで通信講座を検索してみると、意外と多くの講座があって迷ってしまうこともあるでしょう。テキストの質や講義メディアの有無、受講料など、まさに千差万別といえますね。
しかし、たくさんある通信講座の中には、残念ながら受講生を確実に合格へ導いてくれるほどの実力が無いものも多く存在しているのが事実です。
せっかく受講料を払うなら、確実に合格できる講座を選びたい者です。
そこで、良い通信講座を選ぶためのチェックポイントをまとめてみました。
いくつかの講座に資料請求したら、このポイントを参考にして、比較検討されてみてはいかがでしょうか?

よい通信講座を見分けるポイント

  • 教材にDVDやCDなどの講義メディアが付属しているか
  • テキストは、受講生が分かりやすいように工夫されているか
  • サポートはしっかりしているか
  • 受講料は適切な金額か

宅建試験のような法律系の試験では、出題範囲も広いですし、法律用語特有の難解な表現が多いので、テキストや教材には理解しやすいように工夫が必要となります。
テキストの内容が、出題傾向を意識して絞り込まれていることはもちろん、図や表を使って分かりやすく記載してあったり、重要項目がカラフルに色分けされていたら、より理解が深まると思います。問題集やテキストだけではなく、講義を収録したCDやDVDが付いてくるかどうかも重要なポイントでしょう。
さらに、合格までモチベーションを維持し続けられるかどうかのカギを握っているのが、サポートシステムです。できるだけ多くのサービスを受けられる講座を選ぶことが大切。
そして、最も気になるのは受講料です。激安な受講料を売りにしている講座は講義メディアが付いていなかったり、内容もそれなりですし、受講料が高い講座であっても、必ずしもよいと限らないのが難しいところです。
カリキュラムの内容に対して、受講料の金額が適切かどうかをじっくり見極めましょう。

次のページ >>